旅での出会いを             写真と文章で綴ります。


by aaa_travel_010
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
f0184282_23221855.jpg
f0184282_23222825.jpg
f0184282_23223837.jpg
f0184282_2322519.jpg
f0184282_2323146.jpg
f0184282_23231488.jpg
f0184282_23232469.jpg

f0184282_23485558.jpg

旅の道中が好きだ。
観光地とは違った、
本当の生活を垣間見ることができる。
想像の域を超える現実。

屋根と床だけのような、
高床式住居。
のんびりと草むらから出てくる、
牛たち。
何でも自転車で運んでしまう人々。
道端で捧げられる祈り。
ボトル売りされるガソリン・・・

f0184282_23233643.jpg
f0184282_232348100.jpg
f0184282_23235876.jpg
f0184282_2324954.jpg
f0184282_23242274.jpg
f0184282_23243337.jpg

[PR]
by aaa_travel_010 | 2009-05-06 23:24 | 風景
花が美しく咲き乱れる。
f0184282_0404719.jpg

ここまで積むか~!ってびっくりなトラック。
f0184282_0405565.jpg
f0184282_041180.jpg

自転車で遊ぶ子どもたちは、どの国も同じく無邪気。
f0184282_04173.jpg
f0184282_0411296.jpg
f0184282_041185.jpg
f0184282_0412464.jpg

[PR]
by aaa_travel_010 | 2009-03-25 00:41 |
すっかり久しぶりな投稿になってしまいました~!
次の旅行までに完了せねば!
・・・ってまだ次は何も決まってないけどね。。

牛のいる風景で止まっていましたが、
観光地では見られない、
人々の日常的風景をちょっぴりアップ。

f0184282_231431100.jpg
f0184282_23144174.jpg
f0184282_23144923.jpg
f0184282_2315020.jpg
f0184282_2315734.jpg
f0184282_23151410.jpg
f0184282_23152410.jpg
f0184282_23153726.jpg
f0184282_23154596.jpg
f0184282_23155417.jpg
f0184282_2316231.jpg
f0184282_2316970.jpg
f0184282_23161844.jpg

[PR]
by aaa_travel_010 | 2009-03-23 23:15 |
観光地も楽しいけど、
実際にその国の人々が暮らしている情景なんかが見られるのが、
また旅の楽しみでもある。

車やバスでの移動中って、
心地よい揺れも手伝って、ついコクコクと居眠りをしてしまいがちだけど、
そんなもったいないことはない!
ってことに気づいたのは、過去海外撮影ツアーに参加した時に、
移動中もずっと起きているテラウチ先生を見て、
見習わねば!と思った時から。

以後、そのおかげで、とっても素敵なシーンにいっぱい出会ってます。
今回も。
移動中に目に止まった情景を大公開!
f0184282_023737.jpg
f0184282_023142.jpg

f0184282_023030.jpg
f0184282_023224.jpg
f0184282_0233425.jpg
f0184282_0234176.jpg
f0184282_023495.jpg
f0184282_0235819.jpg
f0184282_024949.jpg
f0184282_0242382.jpg
f0184282_0243281.jpg
f0184282_0244777.jpg
f0184282_0245764.jpg
f0184282_025927.jpg
f0184282_025267.jpg
f0184282_025419.jpg
f0184282_0255353.jpg
f0184282_026932.jpg
f0184282_0262488.jpg
f0184282_026326.jpg
f0184282_0264379.jpg
f0184282_0265370.jpg
f0184282_027268.jpg
f0184282_0271025.jpg
f0184282_0273497.jpg
f0184282_0274395.jpg

この国の住居は、
椰子の木やバナナなどの葉がそよぐ中に、
高床式住居。
熱帯地域ならではの光景。
ここでは、これが当たり前の光景なんだなって思うと、
なんだか不思議な気持ちになる。
[PR]
by aaa_travel_010 | 2009-02-10 00:30 | 風景
朝日のアンコール・ワットを鑑賞後、
いったんホテルへ朝食のため戻る。

車に乗ろうとすると、
「写真集、安いよ。」などと、巧みに日本語を操りながら、
さまざまなお土産物を持った子どもたちが、近づいてくる。
早朝から。
学校には行くのだろうか、と心配になる。

f0184282_2354366.jpg

f0184282_23554562.jpg

日の出前には暗くてよくわからなかった、周囲の風景が目に飛び込んでくる。
水なんだろうか?ボトルに入った液体をたくさん運ぶバイクとか。
バイクと一緒になって、大きなマスクをして自転車で走っている人とか。

f0184282_2324879.jpg

f0184282_234414.jpg

f0184282_234164.jpg

土地勘のない異国で、日が沈んでから歩くのが恐いからということもあって、
カメラを手に早朝の街を歩くのが好きだ。
活動が始まり、活気が出てくる時間帯。

f0184282_2343866.jpg
f0184282_2345429.jpg

f0184282_2351526.jpg
f0184282_2353072.jpg
観光地と呼ばれるところばかりでなく、
旅先の光景は、何もかもが目新しく興味深い。
頭に物を載せて、いたって普通に歩いてる人とか。
ボトル入りの飲料と並列で売られている、天然の椰子の実ジュースとか。
店番をしている子供達とか。

f0184282_2383032.jpg



街角の神様とか。


f0184282_2391147.jpg


f0184282_2393397.jpg

携帯電話やさんも多数。

あ、そうそう、ここでは、
神に捧げられたアンコール・ワットよりも、高い建物を建ててはいけないそうで、
建物の高さは65mくらいまでだとか。
あ、もう一つ。
店先にペットボトルに入れて売られている黄色い液体は、ガソリンなんだそうだ。
これだけ、バイクが主動力だとすると、納得。

見ているだけでもさまざまなことが、日本とは異なって、
カンボジア語がわかればいいのに、ってつくづく思った。

f0184282_23124297.jpg


f0184282_23125570.jpg


f0184282_2313573.jpg


f0184282_23131721.jpg

[PR]
by aaa_travel_010 | 2008-09-20 23:42 |