旅での出会いを             写真と文章で綴ります。


by aaa_travel_010
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2009年 01月 05日 ( 1 )

f0184282_2310419.jpg

これ、
どれほど高いか、想像つきますか~?
高さもさることながら、
上へ昇る階段がものすごく急勾配で、
足がすくみます。
ほんとに。
カメラを構える余裕がなかったようで、、、
全貌がよく分かるような写真が、
どこにも見当たりません。

登り終えた!と思ったら、
そこに一旦回廊があって、
さらにその上の塔に登る階段が。。

とりあえず、
壁にへばりつくようにして登った、
建物の頂上から、
恐る恐る下界を撮った写真をアップ。

f0184282_23101742.jpgf0184282_231041100.jpg

f0184282_2310505.jpg
f0184282_2311153.jpg


f0184282_23113193.jpg
登りよりも、くだりの方が数倍恐怖です。
昔の人は、どうしてたんだか、、、

かつて、
そのてっぺんに、土地の精が住んでいて、
王は、毎夜この階段を昇って、
その精のもとへ通ったのだそうだ。
それを怠ると、災いが起こると言われており、
一日たりとも欠かさなかったのだとか。

これは、、、
一度登れば、もう、十分です。。
[PR]
by aaa_travel_010 | 2009-01-05 23:37 | 遺跡