旅での出会いを             写真と文章で綴ります。


by aaa_travel_010
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

象に揺られて

カンボジアで、最初に観光したのは、
アンコール・トム(Angkor Thom = 大きな都)。
3km四方の城壁に囲まれた、仏教寺院 バイヨンを中心とした城塞都市。
造られたのは、12世紀というから、長い長い年月を経てきたその佇まいには、
とてつもない歴史を感じる。
城壁に5つあるという門のうちの一つ、南大門に到着。
f0184282_083316.jpg

中央の門の上には四方を見つめる四面仏。
そこへ向かう道の左右には、『乳海攪拌』という、
この国でよくモチーフとして出会う、
ナーガ(蛇の神)を引き合う神々と阿修羅が描かれており、
向かって右側の列にはいかめしい顔をした阿修羅、
f0184282_091095.jpg

向かって左側の列は、穏やかな表情の神々が、
f0184282_092179.jpg

それぞれ53体ずつ(?とガイドさんが言ったと思う)ずらりと並んでいる。
後姿もなんか良い。
f0184282_014981.jpg

手で彫られたそれらの像は、ひとつひとつ表情も違って、
順に観ていくと、なかなか飽きのこない味のある顔だ。
f0184282_018460.jpg

観光に来ている外国人をよそに、
自転車やら、バイクやら、シクロやら、地元の人たちが次々と門を行き来する。
そういえば、遺跡への入場料は自国民は無料だと言っていたっけ。
f0184282_020487.jpg
f0184282_0201566.jpg

門の手前では、あまり商売っ気のなさそうな帽子屋さん。
おしゃべりに花が咲いているようだ。
f0184282_0203349.jpg

その隣で、小さな子供が
その子にとってはとっても大きなトウモロコシを懸命にかじっていたりして、
なんともアットホーム。
f0184282_022284.jpg

ふと、かつてはお堀だったのであろう橋の下をのぞいてみると、
のどかに牛が草を食んでいる。
f0184282_0232454.jpg

いやー、のどか。
時間の流れが違う。
f0184282_024853.jpg
f0184282_0243883.jpg

しばらくすると、門をくぐって、お待ちかねの象が帰ってきた。
そう、象の背に乗って、城壁をくぐるというプラン。
f0184282_0275759.jpg
f0184282_029192.jpg

ガイドさんが、この象達は、良く働いていて、可愛そうだ。
ってぽろっと言うもんだから、ちょっぴり気がひけたけど。。。

象の背中は、本当に、高い。
f0184282_0284825.jpg

そして、大きな身体は、一歩踏み出すごとに、
左右に大きく揺れる。

門が近づいてきて、仏様の顔が間近にせまる。
f0184282_031321.jpg
f0184282_0311826.jpg

門をくぐりぬけておしまいかなーって思いきや、
象は象使いのお兄さんに操られ、
のっそのっそと歩き続ける。
f0184282_0323445.jpg

木々の合間の小道を抜けて、
f0184282_0332972.jpg

なかなかのスピード。
f0184282_0342610.jpg

途中、象使いのお兄さんに、
あなたたち、日本人?って聞かれ、そうだよと答えると、
ポケットから一枚の緑の葉っぱを取り出して、
なんとも器用に、
♪ぞーさん ぞーさん お鼻が長いのね~♪
から始まり、数曲、素敵にメロディーを奏でてくれた。
f0184282_037093.jpg

象の足でもかなりの時間かかってバイオンの前に到着。
この暑い気候の中、歩いてたらきっとぐったりだったに違いない。
(歩かないか。車か。。)
象の背に揺られるのは、どっしりとしているようでいて、
少々不安定感も付きまとい、なんとも不思議な乗り心地だったけど、
その背中の高さには、心地良い風がそよいでいた。
こんな象たちが、何百年も昔に、
この都を作るための石を、山からひっぱって運んできたんだってことを想像すると、
それはそれはスケールの大きな、すごい光景だ。
この力強い一歩一歩が、とっても大きな仕事を成し遂げてきたんだなぁ。
f0184282_039288.jpg

象さん、
私たちを運んでくれて、ありがとう。
お疲れ様でした。
[PR]
by aaa_travel_010 | 2008-10-06 23:22 | 遺跡