旅での出会いを             写真と文章で綴ります。


by aaa_travel_010
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

シェムリアップの朝の光景

朝日のアンコール・ワットを鑑賞後、
いったんホテルへ朝食のため戻る。

車に乗ろうとすると、
「写真集、安いよ。」などと、巧みに日本語を操りながら、
さまざまなお土産物を持った子どもたちが、近づいてくる。
早朝から。
学校には行くのだろうか、と心配になる。

f0184282_2354366.jpg

f0184282_23554562.jpg

日の出前には暗くてよくわからなかった、周囲の風景が目に飛び込んでくる。
水なんだろうか?ボトルに入った液体をたくさん運ぶバイクとか。
バイクと一緒になって、大きなマスクをして自転車で走っている人とか。

f0184282_2324879.jpg

f0184282_234414.jpg

f0184282_234164.jpg

土地勘のない異国で、日が沈んでから歩くのが恐いからということもあって、
カメラを手に早朝の街を歩くのが好きだ。
活動が始まり、活気が出てくる時間帯。

f0184282_2343866.jpg
f0184282_2345429.jpg

f0184282_2351526.jpg
f0184282_2353072.jpg
観光地と呼ばれるところばかりでなく、
旅先の光景は、何もかもが目新しく興味深い。
頭に物を載せて、いたって普通に歩いてる人とか。
ボトル入りの飲料と並列で売られている、天然の椰子の実ジュースとか。
店番をしている子供達とか。

f0184282_2383032.jpg



街角の神様とか。


f0184282_2391147.jpg


f0184282_2393397.jpg

携帯電話やさんも多数。

あ、そうそう、ここでは、
神に捧げられたアンコール・ワットよりも、高い建物を建ててはいけないそうで、
建物の高さは65mくらいまでだとか。
あ、もう一つ。
店先にペットボトルに入れて売られている黄色い液体は、ガソリンなんだそうだ。
これだけ、バイクが主動力だとすると、納得。

見ているだけでもさまざまなことが、日本とは異なって、
カンボジア語がわかればいいのに、ってつくづく思った。

f0184282_23124297.jpg


f0184282_23125570.jpg


f0184282_2313573.jpg


f0184282_23131721.jpg

[PR]
by aaa_travel_010 | 2008-09-20 23:42 |